ピアノの輸送にも対応している引越し業者に関しては、その費用も一般に行う引越し業者よりも高くなる傾向にあります。状況によってですが、例えばピアノを運ぶ際に階段などが狭くて、ピアノが通らない場合には、搬入方法をさまざまな視点から考えて運んでいきます。これがクレーンを使わなければいけない場合はその料金も加算されます。エレベータで運び込める場合には、エレベータは重量が決まっていますので、あらかじめピアノの重量を確認しておくことが重要ですし、集合住宅の場合は、前もって搬入先の管理人に話をしておく必要も場合によってはあります。クレーンを使った搬入に関しては、部屋の窓の真下にクレーンを止める必要がありますので、そのスペースの確保も必ず必要となります

それには先の管理人さんにきちんと確認を取っておく必要がありますので、注意しておきましょう。さらに人力を使ってつり上げ式でピアノを入れる方法もあります。この場合は、人力がかなり重要な力になりますのでつり上げが対応しているかどうかをあらかじめ確認しておく必要があります。業者によっては特殊作業の提供をしているにもかかわらず、つり上げなどは行っていないといった業者もあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket